FC2ブログ

はるうまれ

だから春が好き。 好きなこと・思ったことを徒然なるままに。ちょいちょい旅ネタで続いてます。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 読書
CATEGORY ≫ 読書
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

『乙女の教室』

乙女の教室乙女の教室
(2008/08/26)
美輪 明宏

商品詳細を見る


かの美輪明宏さんが
某女性向けの雑誌に寄稿していたコラムを集めた本です。

美輪さんと言うと
テレビで拝見するあの派手な黄色の頭髪を思い出します。
語る仕草や深みのある眼差しが印象的です。

そして、かつて丸山明宏であった頃
小説家・エッセイストの故森茉莉さんと交流があり
エッセイの中で彼女が歌が上手いってべた褒めしていたのが
何故かよく覚えています。

スポンサーサイト

『自分をえらんで生まれてきたよ』

自分をえらんで生まれてきたよ自分をえらんで生まれてきたよ
(2012/05/23)
いんやく りお

商品詳細を見る


母体の中にいたとき不整脈が判り
早期に緊急帝王切開により生まれ
3歳でペースメーカーを埋め込み
慢性疾患・喘息により9歳まで在宅酸素療法を受け
10歳でカテーテルアブレーション術を行った
男の子・りお君。

そんなりお君が4歳頃から9歳まで語った
不思議な言の葉を集めた本です。

『静岡県の雑学「知泉」的しずおか』

静岡県の雑学「知泉」的しずおか (静新新書)静岡県の雑学「知泉」的しずおか (静新新書)
(2007/06)
杉村 喜光

商品詳細を見る


自分の地元愛ってあんまり無い方だと思ってます。
地元に誇れるものがあると感じていないせいだとも思いますが;
「静岡=お茶」以外の方程式は見かけませんしね。

あと自分が静岡県でも西部と中部の真ん中に住んでていて
両親も父が中部、母が西部の生まれなので
あんまり地方の色に染まってないことも一因しているのかもしれない。

でも全国ネットのテレビで静岡出てくると嬉しいよね
っていう、その程度。

『にほんのかわいいおまもり』

にほんのかわいいおまもりにほんのかわいいおまもり
(2005/12)
にほん授与品研究会

商品詳細を見る


タイトルや内容云々よりも
装丁が気になって本を手に取ってしまいます。
所謂ジャケ買い派です。

寧ろ内容が気になっても装丁が良くなきゃ
手元に置いておきたくないので買わないです。

『お金に愛される 魔法のお財布』

お金に愛される 魔法のお財布お金に愛される 魔法のお財布
(2010/03/10)
はづき 虹映

商品詳細を見る


土日出勤とかそうじゃないとかで
多忙だったりそうじゃなかったり。

休日に会社行くとき内緒で車使ってしまってるので
そうすると自然に帰りに寄り道が増えてしまったり。

最近は妹と買い物へ出掛けたり
小中学校の同級生と遊んだり、飲んだりで大変愉しく過ごしたりでした。

でも今週は体調が頗る悪くて辛かったです。
日曜出勤したのに月火木と3日も休んでしまったしね。
熱と頭痛と腹痛と吐き気とふるえと色々一度に来たり疎らだったりでした。


んで
この4年連れ添ったアイツがもう判れようと迫ってきたので
⇒要約:財布がついに壊れかけてきたので
財布を買う為に参考にさせて頂いた本をご紹介です。

でもコレ叔父さんに面白いから読んでみな
って渡された本です(笑)

『四畳半神話大系』

四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る


読書はわりとじゃないですがしてます。

よく二冊とか三冊とか
違うジャンルの本を同時に開いて
その時の気分で本を選んで読んでます。

一冊の本を夢中になって一晩かけて読み進めるとか
高校生とか短大生の頃はよくやりましたが
社会人になってからそんなに読書に時間を割かなくなったので
同時進行読みばかりしてます。
飽きやすいのでこれが一番自分にはあってるかもしれない。

今現在も二冊同時進行です。
電車の中で読む本を増やしたら三冊になるなぁ・・・


てことでたまには読本感想をば。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。