FC2ブログ

はるうまれ

だから春が好き。 好きなこと・思ったことを徒然なるままに。ちょいちょい旅ネタで続いてます。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年06月
ARCHIVE ≫ 2013年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

4月:瀬戸・焼き物の町へ

2013.04 8瀬戸

愛知県は瀬戸市へ行きました。

陶磁器を「瀬戸物」と呼びますが
それの語源になった瀬戸焼という焼き物の生産地です。


焼き物とを作る際に棚の役割をした廃材を使って出来た垣根が並ぶ
窯垣の小径を歩きましたが。
その廃材を組み合わせて作る形が面白かったです。

また、その焼き物を作る窯も変わっていて
階段みたいな段に窯が並んでいるのです。
窯の中も入ってみましたが
入口は少し狭いが内部は結構広くて驚きました。


写真:左上→右下
宝泉寺、お寺の天井画、瀬戸本業窯、窯垣の小径、招き猫ミュージアム、新世紀工芸館
スポンサーサイト

4月:本栖湖で鹿カレーを

2013.04 7山梨

本栖湖近くのあるお店の
鹿カレーなるものを食べに出掛けました。

鹿カレーに加えて
鹿の刺身、竜田揚げ、燻製と
色んな調理方法のものが食べれて面白かったです。

鹿がジューシーとは言い難いですが
燻製のなんか噛めば噛むほどって感じでした。


ついでに鳴沢氷穴へも行ってみました。
下に降りるとぐっと冷え込んだので驚きましたが
洞内の幻想的な景色にうっとり出来ました。


写真:左上→右下
鳴沢氷穴内部、本栖湖、鹿カレーセット、鳴沢氷穴入口

4月:西仏旅行③

2013.04 6パリ

美術館好きとしてはやはりルーブル美術館は外せないスポットです。
ですが展示品が多くて展示室がいくつもに分かれていて
自分がどこを回っているのか判らない迷子状態に何度も陥りました。

館内は兎に角広くて混んでいて
回るのに一苦労どころじゃなかったです。

当初、ある程度見て切り上げて
他の美術館へも足を運ぶ予定でしたが
見るものが多過ぎて、結局朝から夕方まで1日館内を徘徊しました。
それでも全部の展示品を観ることは出来なかったわけですが。
にても足が凄く疲れた。

有名どころは一応押さえてみましたが
ミロのヴィーナスを観れたときは感動で涙目になりました。
なんかオーラがあるのかな?
凄く逢いたかったーって気持ちになりました。
サモトラケのニケにも物凄く感動しました。

4月:西仏旅行②

2013.04 5フランス

フランスへ行ったら絶対行きたいとずっと思ったのは
モンサンミッシェルでした。

こちらは個人が自力で行くと
フランスの高速列車TGVでパリから2時間
加えてバスで1時間、計3時間もかかる僻地です。
そんな僻地にも関わらず、こちらは日本人に異様なほど大人気。
島のあちらこちらに日本語の案内がありました。

そういえば以前安芸の宮島へ行ったとき
海の上に浮かぶ神社と教会同士のせいか
モンサンミッシェルと友好関係を結んでるみたいな看板ありましたが
島内にはそんなアピールは何一つなかったです(笑)


でも楽しみにしていただけあって
モンサンミッシェルには圧倒されました。
あと結構登って高いところに修道院が立っていました。

そして院内は当然ですが暗い。
それも相まって、どうも
歴史的建造物としてとても古く価値のある建物って感じでした。

4月:西仏旅行①

2013.04 4バルセロナ

人生初のヨーロッパへ行って参りました。

当初はフランスだけ重点的に回ろうと思ったのですが
スペインのサグラダファミリアへどうしてもどうしても行ってみたくて
ドバイ空港乗り継ぎでスペインとフランスの六泊九日のフリープランで旅しました。

エミレーツ航空を初めて利用したのですが
結構快適で良かったです。

あと、旅行会社利用じゃなくて全部個々に手配した方が安価だったでしょうが
授業料だと、思ってます。
てかこの旅の途中でお金盗まれたり、飛行機乗り遅れたりしたので
高い授業料ばかり払いました。
今後にこの失敗を生かせるように頑張ります(?)。

4月:「草間彌生 永遠の永遠の永遠」

2013.04 3静岡

地元静岡の県立美術館で開催していた
草間彌生さんの作品展へ行ってみました。

時期的にはつい先週まで開催していたみたいですが
後レポなので仕方なし。


草間彌生さんの作品はむかーし一度だけ見たことがあって
それも「水上の蛍」というやつで凄く美しいものだったのですが
何だかそれとイメージが異なってました。

でも今回の展示の中でもそれと同じような展示があってちょっと懐かしかったです。
「魂の灯」というやつですね。
水上のと電球のカラーが微妙に違ったような。

水玉を多用した作品が多かったですが
中でも巨大なやよいちゃんは可愛らしかったです。

4月:藤枝の藤

2013.04 2静岡

車をちょっと走らせて
藤枝市の蓮華寺公園まで藤を見ましたよ。

まだ咲き始めでしたが
里桜とのコラボレーションを見れたので良かったです。

4月:念願の水戸へ

2013.04 1茨城

何度か名古屋城へ訪れていて
一昨年には紀伊国の和歌山城へも足を運んでいるので
次は茨後の水戸城へ行かねばってずっと思ってたんですけど
水戸は城跡しか残ってないんですね;

尾張・紀伊・水戸の徳川御三家でも
時代と共にこうも姿が変わってしまうのは何だか寂しいものです。
水戸黄門こと光圀公は言わずもがな有名人ですし
最後の将軍。徳川慶喜様の出生はこちらですし
勉学に盛んな土地柄、他に先立って尊攘思想を支持したのも水戸藩らしいんですけど。

っても全部訪れてから知ったことばかりですが;

ローソンUC 完熟アルフォンソマンゴーココ

ローソンUC 完熟アルフォンソマンゴーココ

マンゴー大好きな自分には
久々のマンゴーデザートな気もしますが
中にまばらに入ったココナッツのゼリーも
味のアクセントになって美味しかったです。

3月:日本三大桜

2013.03 5山梨

日本三大桜というのがありまして
一つは福島県田村郡三春町の三春滝桜
一つは岐阜県本巣市の薄墨桜
もう一つは山梨県北杜市の山高神代桜です。

その山高神代桜を見に行ってきました。
これは実相寺というお寺の境内にでかでかと咲いていました。
樹齢2000年とこの三つの桜の中で一番長生きの桜です。

兎に角凄かったので、他の二つの桜も見てみたいと思いました。
岐阜のだったら比較的近いし行けるかな。


これのついでに身延山久遠寺も行ってみまし。
こちらの桜も綺麗でした。
結構山頂まで距離があって大変でしたが;


写真:上→下
久遠寺の桜、実相寺の桜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。