はるうまれ

だから春が好き。 好きなこと・思ったことを徒然なるままに。ちょいちょい旅ネタで続いてます。
TOPスポンサー広告 ≫ 台湾旅行記①TOP遠出 ≫ 台湾旅行記①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

台湾旅行記①

一つ前の記事でも申し上げましたが
一月の始め、三泊四日で台湾へ行ってまいりました。
四日目は台北朝初なので殆ど三泊三日でしたが;
その旅路を長々と晒したいと思います。


本当はフランスへ行ってみたかったのですが
旅行の手配を始めたのが遅くてどうも便やホテルが取れず断念し
前々から行ってみたかった台湾へ目的地を変更したのです。

当初6.5連休しかなかった冬期休暇が
休み前、急に9.5連休に増えたのが本当に敗因でした。
てか急に休みが変わるとか本当に何なの(怒)?



今回は中部国際空港を利用しました。
初セントレアでしたが
関東の空港に比べて近くて安く済むので便利でした。
次回(?)もセントレア使おうか。

そしてセントレア空港をお昼頃出発、なのですが
利用したチャイナエアラインの客室乗務員のお姉さんの制服が
非常に可愛かったです☆
チャイナなのチャイナvv



台湾は台北の郊外にある桃園空港に着いたので
到着してからホテルで開放されるまで結構時間がかかり
さあ出掛けよう、って時間は夕方でした。

地下鉄やバスからちょっと面倒かな?と思い
思い切ってホテルからタクシー利用しました。

台北にはタクシーが沢山走っていて
黄色い自動車は殆どタクシー、なんだとか。
然も初乗り70元(約220円:1月初旬)で非常に安いのです。
そして歩道脇で手を上げたらすぐつかまりました。

ドアは自動じゃないので
自分で開けなくてはならないのに少し戸惑いつつ乗車です。

中国語で「~へ行きたい」は「我要到~」っガイドにあったし
さあ数年前に学んだ中国語をここで発揮してやるぜww
とか思ったのですが
タクシーの運転手のおばさまから発せられたのは英語。
台湾の方は日本人と同じくらいの英語力だとかで;
これ以降殆ど英語と日本語と中国語を少し混ぜて話することにしました。
あと場所の単語はメモ見せたりだとかで対応。



台湾:霞海城喤廟

タクシーで霞海城隍廟[シャーハイチェンフゥアンミャオ]という廟へ行き
良縁祈願の参拝を致しました。
霞海城隍廟は5人の神様が祀られているお寺ですが
月下老人という縁結びの神様が有名です。

早速縁結びのお参りをしたのですが
この参拝の仕方が結構順序だって大変でした。

先ず50cmはあるであろう長い線香数本を買い
お菓子と新聞並みにある金紙の束とお菓子を買い
外で線香に火を付けて香立て(?)みたいなので一度お祈りして線香を一本立て
廟でもでもお祈りして
他の神様にも一通りお祈りして
残りの線香を全て香立てに立て
廟に戻って花嫁さんのお菓子と呼ばれるお菓子を食べ甘茶(?)を飲んで
再び香立てに戻ってお守りをかざしながら回し
最後に金紙の束をお供えして、やっとおしまい。

お祈りは名前と年齢と住所と願い事を具体的に口に出すので
結構回りでぶつぶつ聞こえるのです。

参拝方法の記載した紙があったり
お寺の方が片言の日本語と英語で説明しながら一緒に回ってくださったので
なんとか参拝することが出来ました。

他の廟もいくつか回りましたが
参拝の方法は大体同じように
膝立ちでお祈りしたり、幾つもの神様回ったりで
大変そうなので自分は手を合わせて簡単に済ませましたが
手の合わせかたも早く振ったりで驚きでした。

信心深い台湾の方々は
幼い頃から習慣化して身に付けているから
参拝中に迷いが無くて何だか凄いです。
日本のお参りですら次何だっけ?ってなるもの。

あと施設の方々は凄く親切で
写真も撮ってくれて終始ニコニコ笑顔で
最後に日本語で「幸せな花嫁さんになってください」
って言ってくれてなんだか凄く嬉しい気持ちになりました。

それと台湾はおみくじも日本と違い凄く変わっていてやってみたかったのですが
参拝の後はおみくじしちゃいけないとかで止められました;
なんでしょう?



まだ一日目も終わってませんが
長くなってしまいましたので一度切ります。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。