はるうまれ

だから春が好き。 好きなこと・思ったことを徒然なるままに。ちょいちょい旅ネタで続いてます。
TOPスポンサー広告 ≫ 3月:古都とかテンション上がるTOP遠出 ≫ 3月:古都とかテンション上がる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

3月:古都とかテンション上がる

2013.03 2奈良

京都大好きなんですが
それより古の都な奈良も大好きです。

中学の修学旅行で行ったとか行ってないとかうろ覚えで
自分の中では初めての薬師寺訪問と
春日大社参拝とか春の特別公開なんか堪能してきました。


薬師寺の梅はまだ見頃で満開なところが多くて眼福でした。
懲りずに梅の写真も沢山撮りましたよ。

あと薬師寺の西塔は当時改装工事中だったのですが
西塔より前に改装された東塔の心柱の中から発見された
仏舎利が見学出来ました。

仏舎利は真っ赤でなんか不思議な感じでした。
本物?本物?って感じですけど
唐の時代に日本に持ち帰られたものの一つ、らしいです。
なんだが歴史を感じました。




写真:左上→右下
薬師寺の門、不退寺の石棺、薬師寺の梅、薬師寺の拝殿、春日大社回廊、春日大社の参道、春日大社の南門


平安時代の貴族・在原業平が開基のため在原寺と呼ばれる
奈良の不退寺へも行ってきました。

春季特別公開で屏風とか色々見学出来たんですが
御朱印もらったときに裏の石棺見てごらんって言われて
何でこんな古いものが・・・って
ちょっとどころか驚きました。

石棺はここで発掘されたものではなく
近くの古墳で見つかった、もちろん平安時代よりもっと前の時代の代物らしいです。
流石遺跡だらけの奈良です。


春日大社を訪れたのは2回目でしたが
本殿に入って参拝したのは初めてでした。
人少ないしので
灯篭の雰囲気とか隅々まで凝視出来て幸せでした。

まぁ見たかった美術展は時間過ぎて入れなかったんですが;

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。