はるうまれ

だから春が好き。 好きなこと・思ったことを徒然なるままに。ちょいちょい旅ネタで続いてます。
TOPスポンサー広告 ≫ 4月:念願の水戸へTOP遠出 ≫ 4月:念願の水戸へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

4月:念願の水戸へ

2013.04 1茨城

何度か名古屋城へ訪れていて
一昨年には紀伊国の和歌山城へも足を運んでいるので
次は茨後の水戸城へ行かねばってずっと思ってたんですけど
水戸は城跡しか残ってないんですね;

尾張・紀伊・水戸の徳川御三家でも
時代と共にこうも姿が変わってしまうのは何だか寂しいものです。
水戸黄門こと光圀公は言わずもがな有名人ですし
最後の将軍。徳川慶喜様の出生はこちらですし
勉学に盛んな土地柄、他に先立って尊攘思想を支持したのも水戸藩らしいんですけど。

っても全部訪れてから知ったことばかりですが;




写真:左上→右下
茨城県護国神社、千波湖の桜(×2)、水戸東照宮、黄門像、袋田の滝、偕楽園の梅、千波湖


もちろん水戸城後だけじゃなくて
日光の華厳の滝、熊野の那智の滝に並ぶ
日本三名爆の一つ・奥久慈の袋田の滝の観賞も
ずっと楽しみに計画していました。

こちらの滝は「四度の滝」と呼ばれ
四季のそれぞれの姿が美しい滝だと言われてます。
本当は冬の、滝が全体氷結した姿を拝みたかったのですが
残念ながら今年は全体が凍ることなく季節が過ぎていってしまったのです。
当時は毎日毎日観光局のHPを確認してたんですが(泣)

水戸駅から一時間かけて無人駅の袋田駅まで訪れましたが
訪れる人の少なさがなんだかとても物悲しいような。
それでも自分と同じように滝を見に来る人は結構いました。

滝を見る観覧席まで洞窟を通っていくのですが
その洞窟の中から水の落ちる音が凄くて
これから見る滝の大きさを期待させました。

そしてその滝の迫力たるや本当に素晴らしいものでした。
壮観とは正にこのことです。


あと水戸の偕楽園は梅園が有名な庭園ですが
こちらは四月なので季節的に少し残っている程度でしたが
近くの千波湖の桜は本当に見事で
湖を囲うように桜の木が並んでいて素敵でした。

でもやっぱり
可能であれば梅の美しい季節にもう一度来てみたいです。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。