はるうまれ

だから春が好き。 好きなこと・思ったことを徒然なるままに。ちょいちょい旅ネタで続いてます。
TOPスポンサー広告 ≫ 重陽の節句、ですね。TOP独白 ≫ 重陽の節句、ですね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

重陽の節句、ですね。

本日九月九日は重陽の節句です。

三月三日の桃の節句や
五月五日の端午の節句、
七月七日の節句のように
古来より日本人は数字の並ぶ期日をハレの日として大事にしてきました。
これは本来中国で奇数日を吉日としていたことかららしいです。
ただ旧暦のこの時期の秋の収穫祭が起源だどもあります。

同時期のイベントがごっちゃになって一緒になるって
クリスマスみたいですね。

高校で古文学んだときは
重陽の節句がテストに出るぞーとか言われましたが
今じゃ知ってる(若しくは覚えてる)人のほうが少ないんじゃないかな。

自分もお酒に菊の花入れた菊酒飲むイメージとかしかないですが
長寿を祈る日、らしいです。

平安時代なんか
こーゆー年中行事をうまく執り行うことで仕事を評価されたっていいます。
丁度、秋の除目という
年二回春と秋に催される昇進や転勤の任命行事の前のイベントとしては
とても重要だったんじゃないかと。

因みに当時は都心から飛ばされる、
つまり都である京を離れて地方官に任ずられることは
左遷じゃなくて昇進だったとか。


以上、どうでも良いお話です。
ツイッターに投下しようかと思いましたが
長くなりそうなのでこちらに。

もちろん知っていたことからも拾ってますが
色々改めて調べて勉強になりました。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。