はるうまれ

だから春が好き。 好きなこと・思ったことを徒然なるままに。ちょいちょい旅ネタで続いてます。
TOPスポンサー広告 ≫ 大神神社TOP遠出 ≫ 大神神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

大神神社


今月初めの話になりますが
奈良県の中心よりの南部に位置する桜井市に鎮座する
大神神社(おおみわじんじゃ)へ参拝してきました。



大神神社は三輪山そのものを御神体(御神山)とする日本最古の神社で
出雲大社と同じく、大国命主を祀っています。
山の中は神様の胎内になるそうです。

数年前から、その御神山の山頂にある奥宮まで登拝したく
奈良行きの計画を立ててましたが
時間が取れなかったり、天気が悪くなったりでずっと行けなかったところを
どうにか今回訪れることができました。
早く行きたかったので本当に良かったです。

摂社の狭井神社に登拝の入り口があり
神社で登拝の受付を済まし
いざ山頂まで、と登り始めましたが
木や石の階段はあれど、だいぶ急な坂であったり
前日が雨天だったこともあり非常にぬかるんでいたりで
なかなか思うように進めなかったです。

狭井神社には登拝者の為のコインロッカーが設けてあるので
荷物の殆どを預けて登りましたが
やはり急な坂が辛くて、何度も休み休み進みました。
兎に角身体中のカロリーを吸いとられるんじゃないかと思うくらい辛かったです。

だけれど、山頂の奥宮に着くと
感動で涙が滲みましたし
急に体が軽く、元気になりました。
所謂クライマーズハイだったのだと思います(笑)

逆に帰りは早足で
少し危ないくらい掛けて下山しました。

登って、降って
約二時間かかりましたが
そんなに長い時間を登山に費やしたことがないので
本当に大変でしたが
無事登頂出来て、奥宮を参拝出来て
本当に本当に良かったです。


因みに大神神社の鳥居は非常に大きくて
大鳥居の下は普通に二車線の道路になっているのです。

大神神社 大鳥居

あと、天理の石上神宮から桜井のここ大神神社を繋ぐ道を
「山の辺の道」というそうで
徒歩・若しくは自転者でしか通れないような細い道ですが
古代遺跡や寺社が数多くあるそうです。
観光ガイドにもよく載っています。

自分は山の辺の道を少し歩き
元伊勢の檜原神社にも参拝してみました。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。